自宅アトリエでは縫い物のレッスンを開いています☆中野ファルコンヒルズ・南青山ソシテに作品を委託販売中 


by atelier-rei
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最近の生徒さん作品

生徒さんの希望は
『パ~っと明るい布で作りたい』とのことでした。
気持ちよ~く分かります
そして
本当にパ~っと明るくて大胆で素敵なバッグに仕上がりました♪

d0174607_10433814.jpg

d0174607_10433258.jpg


布はかなり厚手で芯が貼ってあるので、自立するしっかりとしたバッグです。



こちらは。
カラフルなボタン柄の生地で作ったトートバッグが完成。

幼稚園から帰って来た孫娘をモデルに写真撮影しました
教えてないのにバッグが隠れないように手の位置を考えてポージングする孫娘♡

d0174607_10434570.jpg



このバッグに使っていただいた留め具の大きなボタンは
数年前の天満宮骨董市で私が手に入れたボタンのひとつで、「おっきくてなんだか面白い、バッグに使ってもアクササリーにしても良いかな?」
と思って買っておいた物でした。
素材はココナッツ?すごいインパクト!!
d0174607_10441403.jpg
私はこの数年バッグ作るたびに「このボタンはどうかな?」と合わせてみたもののなかなか使えずにいましたが、やっと作品に使っていただけました
また楽しいボタンを探して来ますね♪


今回、レッスンでの途中経過です。
例のアスパラ柄の綿麻地を使いたいということで、
d0174607_09521643.jpg
ちょうどバッグ1個分くらいは残っていたので使っていただくことに。
レッスンではワンショルダーバッグの外ポケットのファスナー付けと本体に縫い付ける所まで出来ました。
アトリエの職業用ミシンも使っていただきファスナー付けも難なく完了、残りは自宅で仕上げという事になります。
↓この形をアスパラ柄で、外ポケットにします。

d0174607_12440627.jpg



こんな感じに貼り付けポケットにファスナー付けをします(ファスナーを付ける位置に裏から接着芯を貼りました)
ポケット布にファスナー付け位置をカッターで切り込む所さえマスターしてしまえば思ったよりも簡単です
中厚地の綿麻やデニムなどを使えば裏布無しですぐできます
d0174607_00040538.jpg


完成が楽しみです☆

他に。
洋服作りのレッスン希望の生徒さんも先日の1回目のレッスンでご自分のサイズに型紙を補正して型紙作りまで出来ましたので
あとは布選びと水通し~からの近々2回目のレッスンで裁断から進めて行く予定。
夏の間に涼しいセットアップを仕上げていただきたいです。



[PR]
# by atelier-rei | 2017-07-17 11:08 | アトリエレッスン | Comments(0)

新型バッグの納品

先月の中野ファルコンヒルズへの納品はハーフリネンのプリント地とデニムを中心に合わせたバッグをデザイン違いで。

ひとつはワンショルダーバッグ
自分が前から使っていたポケット無しの物(左の)に外ポケットを付けた改良型(右の)にしました。(縦の長さも2センチ伸ばした)

d0174607_00145670.jpg


d0174607_09331280.jpg



こちらは委託用に要望の多かった斜め掛けできるタイプで、
外ポケットのある形と大きいスクエア型の2wayぺたんこバッグ(A4ファイルが入るサイズ)の2種。
自宅でバッグの写真を撮り忘れて納品へ出かけ、お店のマネキンで撮りました

d0174607_09332197.jpg

この形は作りやすいのでレッスンでもやっていこうと思います。

こちらのアスパラ柄の布は買った後に作家物であったことが判明して、販売はできないので自分用のバッグに縫うことに。

d0174607_09335528.jpg
レッスンの見本としても。
正方形のぺたんこバッグ、短い持ち手と長いショルダーが使える2way
ショルダーは思いきって幅8センチほどにしました
斜め掛けすると自然にショルダーが体にフィットし肩も疲れを感じにくいと思います。
d0174607_09340594.jpg




[PR]
# by atelier-rei | 2017-07-11 09:40 | 物作り | Comments(0)

お財布作り

オーダー頂いていた長財布を納品してきました(先月のこと)
3年前にもオーダー頂いていたので布のお好みも分かっていて、今回は少し濃い目の色合いで厚手の布を選んで布合わせしました。
d0174607_10571550.jpg
完成したお財布は中野のファルコンヒルズへの納品に同封させていただき先にお手元へ。
後日ファルコンヒルズへ別の作品を納品する日に待ち合わせてオーナーと一緒に3人でランチタイム。
食後レジでお財布を取り出した時に写真撮らせていただきました。


d0174607_10583032.jpg
オーダー頂いた方は、書家の梨世さん➡ホームページ
この夏もいくつかイベントがあるそうですよ

私は10年前くらいまでは二つ折り財布を使っていましたが、今は断然この長財布。
なんといっても、美術展・コンサート・ライブなどのチケットを折らずに入れられるところが好きです。
この1年帰りの時間も気にせずに自分のタイミングで自由に出かけられるようになり、お財布にはいつも何かしらのチケットが入っている
これはとても幸せなことです。

[PR]
# by atelier-rei | 2017-07-10 12:19 | 物作り | Comments(0)

洋服作り

孫娘が4月から幼稚園に通い始めて、お喋りにますます磨きがかかってきています。
人間としてたった4年のキャリアですが、大人との会話にハンディなく加わってくるし毎日その成長ぶりに圧倒されています。
GW直前に幼稚園の疲れが出たのか少しナーバスになった時期もありましたが、今は元気よく通っているようで安心。
帰ってきて「今日の給食はなんだったのかな?」と聞くと、毎日毎日決まって「カレー」と言いますがそんなはずはなくて、
ただ私がおちょくられているだけみたい(≧▽≦)

先日孫娘が4歳の誕生日を迎え、今年は洋服を縫ってプレゼントしました
ラグラン袖のスモックブラウスとギャザースカート
d0174607_09503116.jpg
リバティ風のコットンプリントで、最初はスモックワンピースで型紙とって縫い始めたのですが
大き目で作りはじめたら予想以上にサイズが大きすぎて、、足の脛あたりまで裾が来ちゃうことになり
途中でウエスト部分でカットして、スモックブラウスとギャザースカートに作り直しました。
試着させたらブラウスは大きかったけど、ウエストインすると可愛かったしブラウスはチュニックとして着られそう。
今頃ですが服作りにハマりそう。

今年の目標のひとつが『洋服作り』でして。
今までリメイクは好きでちょこちょこ縫ったけど型紙から縫う洋服は10年ぶり位。
去年秋から2階のお嫁ちゃんが洋服作りにハマり、子供服、自分の服、お友達のお子さんの服などどんどん縫っているのを横目で見ていて
「私に縫えないはずはない!!」と(笑)
大いに刺激されていたわけなのです。
今まで小物とかバッグ作りをずっとやっていて、バッグだと扱う布も型紙も小さいし裁断もアイロンもスペース取らないし
でも洋服作りとなると布は何メートルも必要、水通しも大変、アイロンも、裁断も、、
なにより型紙写すのが面倒だわ。
と普段の縫い物をやりながら並行しては出来なくてかなかなか手が出せずにいましたが、手始めに作ったのがこのセットアップです
d0174607_09501094.jpg
d0174607_09501871.jpg
張りのあるリネンで作りました、袖付けもないシンプルなセットアップ、
バイヤスも共布で作ってくるんであります。
とても簡単な型紙だったので裁断から縫製は1日かからずに出来まして、何だか次々縫えちゃいそうな気分になり
調子に乗って色違いで縫おうと思っています!!
母の形見の4本ロックミシンも快調です!!やはり洋服作りだすとロックミシンのありがたみがわかるわー
懸念していた型紙写しは、型紙用不織布を使う事で格段と楽になりました
今回超ビギナー向け型紙でしたが、色々な洋服を自分のサイズで作りたいし刺繍やパッチワークした服も作りたい
型紙補正や型紙おこしもやっていこうと思っています。
まず、自分のサイズの原型作ろうかな?


[PR]
# by atelier-rei | 2017-06-08 10:42 | 物作り | Comments(0)

バッグのお直し

お直ししたバッグ

d0174607_21551564.jpg


元のバッグはこちら↓
(10年以上?前に作りました)
d0174607_09581830.jpg
とても丁寧に使っていただいていましたが、持ち手の革の劣化と数か所ビーズ刺繍が取れていてお直しで預かっていました。

元はと言えば私がバッグ作りを始めた頃、高校の時の同級生から「私の古い帯を使ってね」と譲り受けて、そのお礼にと作ったバッグでした。
帯はモダンな柄の織帯で金糸など綺麗な色の糸も使われており、今までの私の作品にも何度も登場している素材です。
友達がまだ10代の頃お茶のお稽古用に締めていたビンテージ帯だそうですよ。
d0174607_09594925.jpg
d0174607_10290348.jpg
まず革の持ち手を外してみると、他の傷みも色々と見えてきて
マチ部分も暦年の汚れもあったので一旦すべて解体することに。
d0174607_09580777.jpg
d0174607_10412735.jpg

マチと後ろ側に使ったベージュのデニムは私の好きな布で、定期的に購入するためアトリエに在庫があったので同じものでマチを作り直しましたが
元のバッグ本体のデニムは若干日焼けしていて違う色味のデニムのようになりましたが、ツートンの様でこれもまた良い感じかな?
d0174607_10190713.jpg
マチの底部分は補強のステッチを新たに入れてあります
d0174607_10253547.jpg
全体のビーズ刺繍の補修を済ませ、持ち手は少し長めの物に変更して付け直し
内ポケットは当時の小さい携帯サイズだったのでサイズを大きく作り直してあります。
リボンやシルクは色あせもありましたが、あえてそこは現状のままに。

先日友達と待ち合わせして、生まれ変わったバッグを引き渡ししてきました
私と同じ身長の彼女、長めの持ち手がピッタリで良かった♫
d0174607_09593530.jpg
10年ぶり?にバッグを預かった時は本当に大切に使ってくれていたので嬉しかったです。
全体の解体も楽しくて、マチ布の取り換えしてステッチ入れてかなりしっかりとしたバッグに戻りました。
私も今まで作って来た自分のバッグも少しずつ作り直しています、ポケットを変えたり持ち手を変更したりするのも楽しい作業。



前回のブログ記事➡
でお渡しした方から、写真が届きました
とても良くお似合いでビーズ刺繍も気に入っていただけたようで、とてもうれしい。
d0174607_09494043.jpg






[PR]
# by atelier-rei | 2017-05-01 10:50 | 物作り | Comments(0)