中野ファルコンヒルズ・南青山ソシテに作品を委託販売中☆自宅アトリエでレッスン開催中☆


by atelier-rei
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:大好きなものたち( 9 )

ボタン選び

ボタンが好きです。

d0174607_10050965.jpg


ボタンのコレクションの中から「これ」と思う物を選ぶのは迷うしエネルギー使うけど実に楽しい。
ボタン付け終わっても『ん、、、、違うかな』と取り外して別のボタンに変えることもしばしば。

洋服を処分する時はそのまま着用化の服はリサイクル団体へ回し、その他の場合は布はパッチワーク用に切り取ってボタンは私のコレクション瓶へ保管。
他には母の使っていた在庫のボタンは昭和30年代~?もっと古い?物もあります。
私は子供の頃からボタンフェチ、母にレッスンバッグを作ってもらう時も「ボタンと刺繍いっぱいつけてね」とおねだりしていましたっけ。
私の子供時代に母の手作りしてくれた洋服に付けていたボタンも瓶に入っているはず。
手芸店や骨董市、クラフトイベントなどでもボタンは買います、何に使うか決まってないけど「いいな」と思ったら買う。
そうこうして集めたボタンコレクションの瓶が棚にずらっと並んでいて、縫い物しながらボタンの瓶眺めると自然とテンション上がりますねー
たぶんニヤニヤしていると思う。
バッグなどにボタンをアレンジして使う時は布や柄に合わせたり、色々なサイズや形・色のボタンやビーズを取り交ぜてアイデアまとまるまでけっこう時間かかります。

仕事場のアトリエのボタンは使いやすい良い位置に収納できているのですが、布や季節物の材料がアトリエ以外の部屋にも分散して収納してあるので
年末年始、ちょっとした配置換えを計画中。
この1年かけて家じゅうの収納は見直ししてアトリエのミシンの配置換えと棚の移動もしたけど、6畳の狭い空間に物が多すぎる、けどどれも必要な物ばかり。
肝心の作ったバッグもまとめて収納したいのです、それが今はできていない、何年もできていない。
どうしたら使いやすいか?毎日あちこちから眺めてミシン踏みながら布出しながら使いながら頭の中で3Dで構築中。
やるには自分の腰と相談せねば!!!

[PR]
by atelier-rei | 2017-11-10 10:55 | 大好きなものたち | Comments(0)

染め物の記憶

この着物地↓昨年頂いた端切れの中にありました。着物一着分で御仕立前の状態、
d0174607_12264847.jpg
d0174607_12272213.jpg
一番肝心な柄のところに大きな染みがありました

d0174607_10271738.jpg
昨日アトリエでこの着物地を見て、ふと小学生時代の記憶が蘇ってきました
何十年も思い出すことが無かったのに、突然思い出して自分でもびっくりしています

小学校の転校2校目で慣れないまま次の学校へ転校したので、その学校の記憶はほとんど残っていません
友だちは勿論のこと、担任の先生の名前すら今は思い出せませんけれど
ある一人の友達だけはフルネームで思い出せた、これは本当に不思議
その友達はとても大人しくて物静かな子で向こうから話しかけてくることも無くて、どうしてこの私が親しくなったのだろう?その経緯は思い出せません
小学2~3年生だから、きっと席が隣とか家が近いとかそんな事なのかも
強烈な記憶が残っているのはその友達の家。特にお父さん
お父さんが反物の染職人さんで、自宅で仕事をしていました
反物を伸子針(竹の棒)と張り木で張って部屋の端から端まで長くピンと吊るして、
糊置きしたり染料を付けた筆で図案を染めたり、いわゆる”友禅挿し”のような仕事をしていて
その作業が見たくて見たくて、学校帰りに寄ったり家から遊びに行って作業を見せてもらっていました
うちは父が会社勤め人だったから
「日曜じゃないのに昼間なのにお父さんが家に居る」
「家の中で仕事をしている」
「白い布に筆で絵を描いている」
「染料や筆がたくさんあって、いつも何やら面白い作業をしている」
「お父さんがいつも青い着物みたいな恰好している」⇐大人になって知った『作務衣』ですね
などなど、興味津々!!
母には「ご迷惑だからしょっちゅう行くのはやめなさい」って言われて.......
でも「またおいで」ってお父さんが帰りに言ってくれるものですから(笑)また行くんです
あれ?その子のお母さんの記憶がまったく無い!
余りにもお父さんの染める作業が印象深くて、その事だけ何十年経ってもはっきりと情景が残っています
あの頃から染織というか、布とか図柄に興味が出てきたのかな~?
でも、小学3年生の頃はその染めた布がその後着物になるという事までは知らずにいました
染めた後に蒸す工程も家でやっていたんだろうか?水元は?
何しろ”染め作業”しか記憶にない
高校生になって染織に興味が出てきて、美大に行こうと色々資料読んだり図書館で調べ物して行くうちに
染められた布から着物を仕立てるまでの工程がはっきりと理解できたかな

ず~っと今でも変わらない「布」への興味
布が大好きで、図柄や織りの感触がたまりません


[PR]
by atelier-rei | 2015-06-17 13:15 | 大好きなものたち | Comments(0)

灯り

片づけしたらアトリエと寝室に少しだけ良い空間ができてきて
お気に入りだった照明がいくつか置けるようになりました

アトリエは蛍光灯なので、縫い物はやりやすいけれど
机も真っ白なので反射もあり長時間何かを作っていると目が疲れます
そんな時、ちょっと手を休めて小さな照明に切り替えるととても安らぐ

d0174607_19592059.jpg
これは陶器でできたハウス型の物
15センチ四方くらい
古いです
高校の頃バイト代貯めて自由が丘の輸入雑貨屋で買ったものです

今、ミシンのすぐ前の『糸ケース』の上に置いています
縫い物はアームが自由に動かせる便利なZライト使ってますけれど、
これは補助照明というか、気分転換の道具と雰囲気作りってところかな

d0174607_19591450.jpg
今までもこの作家物のステンドグラスはアトリエに置いてはいましたが
部屋全体がかなりゴチャっとしていて、なんとなく活かされていなかった

今の家を建てた時に、新築の記念に何か買いたいと思って
地元のアンティーク家具屋に行って店中を色々と見て歩きました
本当はダイニングのステンドグラスのペンダントライトが欲しかったのですが、かなり高くで。。。
結局、このアイアン作家の手によるスタンドとアームの捻れたラインに一目惚れして購入♡


d0174607_19593733.jpg
これはかなり昔から我が家にあった照明なのですが、
父がずっと書斎に置いたまま埃をかぶっていまして、私が緊急避難させて納戸に収納していましたが
今回寝室のベッド脇ライトとして使おうと思って、きれいに掃除しました
傘の部分は何かの革?なのかな~?
レトロで大好きです
明るさがダイヤル調節できて、寝る前に本を読む時にちょうどいいのです
d0174607_19594142.jpg
左にある小さいステンドグラスの照明は
これは前の家に居た頃、横浜の仕事場の近くの店で購入

ま、こんな並べて置いてあるけど今の所2つ同時に灯すことは無いですけどね
撮影の為に灯したという訳です

ちなみに、この下の茶色の棚(本棚)は、祖父母の物
明治か大正時代のがっしりと重たい本棚です
父の建て替える前の古い実家にずっと置いてありました
祖母は使っていない部屋に古い家具を並べていて、お客様用の食器など入れてあったと記憶してます
私は高校生の頃少しの間祖母と二人暮らしをした時期があって
この本棚とかいくつか欲しくて仕方がない家具があり、よく「ちょうだい~」とねだっていました
祖母が他界して、私が大学生の頃前の家を建て替える時
両親は「古いから捨てる」と言い張った所を
「私が使うんだから~!」と処分を阻止し、新築の家の自分の部屋のクローゼットでこの棚を使っていました


[PR]
by atelier-rei | 2015-02-13 21:06 | 大好きなものたち | Comments(0)

キラキラなもの☆☆☆

キラキラのクリップ

着物下見の時に「これも何かに使えるかしら?」と見せていただいていました
「わ~~可愛いっ!」と私が食いつきまして(笑)「このまま箱に入れて届けるから」という事で
届けていただいた着物の箱の中に袋ごと入っていました
何かお仕事の時の景品なのでしょうか
キラキラのストーンの付いている小さいクリップです、2センチ位かな?タイピンの小さ目な感じです
ハートのはクリップを留める台紙のようで、少しフカフカしています
d0174607_15183937.jpg
ニットやジーンズに挟んでも可愛いかな?

d0174607_15203985.jpg
d0174607_15220673.jpg

これはいっぱいあるので、私たちのグループで次のイベント(⇐あるのか?)の時に使おうか?なんて話していました
やっぱり4人5人と集まると、いろんなアイデアが出て楽しいわ~
d0174607_15224251.jpg


[PR]
by atelier-rei | 2014-11-10 15:38 | 大好きなものたち | Comments(0)

手編みの季節

今日は寒いです~~
寒いと手編みがやりたくなります

高校の頃から編み物が大好きで、秋になると色々編んでいました
高校の家庭科で習った事しかノウハウは無くて、当時は百科事典で調べて編んだり(笑)←今みたいにネットなんて無いもの
きちんと習ったことが無いから常に自己流で(今も同じ)
いつも減らし目とか分からないことがあるとつまずいて、その度に本屋に行って読み漁って(高校生だし本買うお金が無い)
後は図書館で編み物の本を見たりとか、
母に聞いて解決していました(なぜか母に聞くのは一番最後という、私の変な意地)(≧▽≦)
派手な編み込みのセーターにする予定が、前身ごろ編んだだけで挫折して、結局クッションカバーにしてしまったのもありましたね~☆

高校の頃は母から棒針とかぎ針数本譲り受けて、今でも現役ですよ~竹ってすごいです!ほんの少し湾曲はしてるけど劣化しない
母の編み針という事は、50年は軽く経っているのではないかな?
d0174607_10491205.jpg
後、私がまだ独身の頃赤のケースのセットを買いました、これですでに35年以上は経っています
でもプラスティック製なので指が滑るので、結婚してからは徐々に竹製を買い集めるようになってきて
そのうち編むのも上達してくるとセーターやカーディガンとか編むようになって
4本針、5本針、輪針までだんだん買っていくうちにすごい本数になってます

昔から忙しい時ほど手編みに走る傾向があり(笑)人生で、二人の年子の子育て中が一番編みましたね!
編み込みのセーターとか、カーディガンとか
あと、10年前まで仕事に出ていた頃もかなり編みました
次男に編んだ全面編み込みのカウチンセーターとか
⇐高校生の頃次男に「編んで欲しい」と言われて作って、いまだに次男は大切にしてくれているそうです、保管しているだけで着てはいないそうだけど

自分用のモヘヤのカーディガンジャケット【模様編み】とか⇐モヘヤって軽くて暖かいけど、毛が絡まって編み直しできないからけっこう大変でした

なんで忙しいと手編みに没頭するんだろーー??
なんか、無心になれるんですよね! 手編みは完全に趣味なので

写真の、下のかぎ針ケースは10年ほど前に作りました、クルクル巻くスタイルです
他には細いレース糸用針もあります

棒針ケースも、毎年作ろう作ろうと言いつつこのままになっています、
きっとずっとここままなんでしょうね






[PR]
by atelier-rei | 2014-10-15 11:38 | 大好きなものたち | Comments(0)

ハンズメッセ

夏の終わりの「大好きなものたち」

東急ハンズの夏のセール
ハンズメッセです

ハンズやloftが大好きで、外出先でちょっと時間があると覗いています
何も買わなくても、ただウロウロしているだけでも楽しい場所
子供の頃から文房具が大好きです

今回のメッセ期間は実にタイミングよくて、都心への外出も多かったので
町田、渋谷、横浜と覗くことができました
3日までなので、もう一回行けるかも?

面白かったのは、ペーパーウォレット(紙のお財布)
これ前にYouTubeで作り方を見ていました、ちょっとした流行ですね
綺麗な丈夫な包装紙や紙袋で作ってみようかな
(防水というか、ワックス加工すると良いかも)

d0174607_20041777.jpg

あと、外せないのは
大好きな恐竜のコーナー(笑)

この恐竜パズルを買いたくて仕方がないけど、置き場所がないので行く度にただ眺めています

渋谷には、恐竜カフェがあって恐竜ラテがあるんです
(この日はこの後ランチが予定されていてカフェには行かず)
今度は絶対にラテ飲んで来よう!
d0174607_20035376.jpg

d0174607_20031801.jpg
横浜でも 恐竜を見る~~☆
d0174607_20033313.jpg
渋谷では手芸のワゴンで、お買い得なボタン(激安)とかリボン、コットンなど購入
右に見えるのは『恐竜メモ』です、定価です。(なんと透かしの和紙です)
d0174607_20043700.jpg
先日、マルチケースを8個納品した後、アトリエREIの織りネームの在庫がかなり減っていることに気づきまして
渋谷東急ハンズに行ったついでにまた発注してきました♫
今回はロット数増やして、色の組み合わせも変えてみました
出来上がり楽しみだわ~
d0174607_20045857.jpg



[PR]
by atelier-rei | 2014-08-31 20:18 | 大好きなものたち | Comments(0)
昨年11月に西淳子先生のアトリエでいくつか購入した素材
その中の一つ、クリーム色の地が珍しい古い帯地、
小さめの草花と動物が可愛らしくて購入しました
昨日自分のバッグを作ろうと出したら 何と「うさぎ」だったわと改めて気付きました
偶然です
11月はまだ次の干支のことなんか意識してませんからね
d0174607_13203061.jpg




銀糸も入っていて 明るい雰囲気と可愛らしさ
これは新年1作目にふさわしいのではないかな





デザインを考える時の必須アイテムは音楽♪
お正月から聞いているのは暮れに買ったマイケル・ジャクソンの新しいCD
d0174607_13305428.jpg

生前マイケルがデモテープに残した曲や録音した音源、
いわゆる未発表の曲をあらためて1枚のアルバムに仕上げた物です
もちろん彼はもうこの地上にはいないので、果たしてこの形を望んでいたのか
違うアレンジが良かったのかもしれない コーラス、楽器はどうなんだ
発売前から様々な物議を醸した曰つきの物です
なので扱いはトリビュートアルバムと言えるかも

でも初めて聞いた時は 素直に感動しました
湯川れいこさんが書いている「お帰りなさいマイケル」
まさにその気持ち

この曲を歌うマイケルの映像を見た事が無いというのは不思議な感覚です
ごく最近録音されたであろう曲から全盛期のマイケルの声~
すごく若いピュアな歌声のマイケルまで
  「きっとこの曲はあのアルバムに入れたかったんだろうな」
などと勝手に想像をふくらまして聞いています
Y.M.Oの楽曲が入っているのもちょっと楽しい
マイケル側から楽曲をカバーしたいとY.M.Oサイドにオファーが来たが断ったと、
まだマイケルがスリラーなどで爆発的人気が出る前だったんですね
録音はしたものの ついにアルバムには入らなかった曲
その後に坂本龍一が「しまった!」と言ったとか


マイケルが好き過ぎて、生前のアルバムはいまだに聞くと悲しい気持ちになってしまう
同年代の私はリアルタイムでその曲を歌って踊るマイケルの映像を繰り返し見ているからです
でもこのアルバムはまった違う穏やかな気持ちで聞くことができます
d0174607_14345920.jpg

          人生は一度きり。
          命のギフトを与えられた僕らは、
          自らの存在をこの世に永遠に刻む為の努力を絶対に惜しんではいけない。
          たとえ、その人がどんな道を選んだとしても。 M.J                        

[PR]
by atelier-rei | 2011-01-04 14:55 | 大好きなものたち | Comments(0)

どうにもこうにも好き

18日、長谷から梅庵までは 友達つおんちゃんの運転で移動
本鵠沼駅そばのコインパーキングへ着いて 私はまずはある方角の建物を確認…
ガレージのシャッターが開いていた~!!!
つおんちゃんが車バッグしてるのに飛び降りちゃって建物へ急ぐ~~
その名も「株式会社・ナカヤス標本」
d0174607_01278.jpg

化石・貝・標本などの研究と事務所になっています
慌ててシャッターきったので蛍光灯モードでした…
この建物 壁や床すべてサンゴで作られています
目を凝らすといろいろな化石が見えるんです

大の化石好きです
中でもアンモナイトだいだいだいすき
子供の頃 銀座三越の大理石の階段や床をずーっと眺めていいた私です
大理石をじっくり見ていると化石がいっぱい


実は去年の夏に梅庵に行った時から目をつけていた建物でした
最初 不思議な壁に目を奪われて…
じ~っと見ていたら…
なんと化石がたくさん埋まっていたのです
そして表札を見たら「化石」と!

1年越しにコンタクトが取れました
今年の「梅庵の夏やすみ」の3日目
帽子作家すずちゃんと駅から歩いて角を曲がったら その建物のシャッターが開いていて
思わず事務所の女性に声をかけてしまった
興奮状態で何をどう話したのかほとんど記憶にはないけど
ナカヤスがもう会社をたたむ話を聞いて悲しくなりました
社長(なかやす氏)が急に亡くなられ 後を継ぐ人はいないと
「わたし 一生懸命これから精進して化石のこともっと勉強しますから!」
「後継がせてくださいっ」って言いたかった

続きはこちら
[PR]
by atelier-rei | 2010-09-21 07:00 | 大好きなものたち | Comments(2)

星になっても

大好きなマイケル・ジャクソンがいなくなってしまってから1年
マイケルが搬送された早朝のニュースを聞いて
足が震えてしまいました
1ヵ月は悲しくてCDも聞くことができませんでした

ジャクソン5からのファン
歌もダンスパフォーマンスも含めて全部が好き

続きはこちら
[PR]
by atelier-rei | 2010-06-25 07:21 | 大好きなものたち | Comments(2)