中野ファルコンヒルズさん・南青山ソシテさんに作品を委託販売中☆自宅アトリエでレッスン開催中☆


by atelier-rei
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2011年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

雛めぐり

ぽかぽか陽気の今日はアトリエ宙さんと隣町「玉川学園」へおでかけ
『雛めぐり』というたくさんのギャラリーを巡るイベントに行ってきました
このマップを見ながら徒歩でギャラリーを見て歩きます
d0174607_21244492.jpg

待ち合わせは玉川学園駅、私は今日も自宅から歩きました
初めてのルートなので余裕見て行ったら25分で着いちゃった!
待ち合わせに30分以上も時間があるので、駅の両側の商店街をぶらぶら歩いて散策
短い商店街だからこれもすぐに終わっちゃった

ちょっと見ておきたい接骨院がこの駅前にあると聞いて探したけど、、、見つからない~~~
そうこうしたらもう時間

宙さんと落ち合って、即ランチへGO~!
でも行きたいイタリアンは定休日でふられた。。。
次に宙さんおすすめの店に行ったらまたお休み。またふられた。。
仕方が無いので、すぐ下の激安の洋食屋でランチ
メニューのカレーが目に入ってそれを注文しようとしたら
「今日はカレーはやってません」ときた
またふられた~三連発
結局チキンソテーのランチにしました
d0174607_21225610.jpg

ボリューミー! 
でも肉の塊りに飢えている私は完食です

今日は二人ともとても気合が入っていてマップ片手にぐんぐんと歩く

d0174607_2130396.jpg



シルクギャラリー」いつもここは真っ先に見るギャララリーです
駅前なのでいつ行っても人がいっぱい
ご主人の辻が花染、春の織りストール、お人形が素敵
写真ないです、だいたい中に入ると見るのに夢中になるので。。。。。






うぃすかあ」はお雛様をばらしてお店のあちこちに飾っていました
そういう楽しみ方も有りですね(写真は撮り忘れ)




d0174607_21353641.jpg
d0174607_23574889.jpg

d0174607_23583887.jpg

手づくり工房「ではイベント期間中限定で
カフェもやっていました
ハーブティー飲み放題&カルダモン珈琲&黒糖ケーキのセット




d0174607_21421425.jpg


d0174607_2146830.jpg












静かな住宅地に突如現れた『二木亭』松花堂弁当と喫茶のお店
何も駅前の激安ランチ食べなくても、
ここで食べてもよかったのかもね、と二人で話していました



ここからすぐ近くのはずの「HIROアート工房」まで道が分からずしばらく二人でさ迷い歩いた


d0174607_21505594.jpg
このお雛様は300年ほど前の物だそうです
細かい手仕事のお雛様はちょっと感動ものでした
昭和のお雛様は小物がプラスティックだったり、顔も現代風で違いが面白い






順序忘れましたが、「ブルームスティック
ここのキルトの先生にやっとお会いできました
着物のはぎれの事や昔のお嫁入りの時の米袋のお話とか
私の作ったバッグにも興味を持ってくださり、「私も大西先生に習いに行きたいわ!」と言っていました

ギャラリー・風FOO




d0174607_21575285.jpg


最後の最後に大学の少し横の道でやっと見つけました
接骨院です
おしゃれなカフェみたいな外装です
中も素敵なのですよ~看板もデザインしたそうです
先日梅庵で判子ワークショップをしてくれたHLC.STYLEの方がリフォームしています
「玉学行ったら見てきてね」と言われていたのです

そして今日唯一買った物は、、、、、、、

d0174607_22134098.jpgd0174607_22135026.jpg












うぃすかあ」で『紙の玉です』と聞いて面白そうなので買いました
ガラス容器などに入れて好きな香料やアロマオイルを染み込ませて香りを楽しむとか

玉学では年に数回ギャラリーめぐりのイベントがあり、とても楽しい
ほとんどが『おうちギャラリー』なので家のたたずまいからオーナーの人柄もかいま見えて
展示を見る側も緊張感がなくスッと中に入れる
こんな近くに季節ごとに楽しめるギャラリーがあるのはとても嬉しいことです

本日、復路は諸事情により電車となりましたが
半日歩きに歩いて16000歩になりました
最高記録樹立
[PR]
by atelier-rei | 2011-02-23 22:43 | 日々のこと | Comments(0)

ゆらゆらモビール

先日行った『梅展』で気に入って購入したモビールが先日届きました

作家・和田 圭以さんの作品『梅の花かざり』です
可愛らしい色合いの艶消しの厚紙を切って丁寧に作られてあります
d0174607_222025.jpg

梅と鶯がモチーフ
所々に可愛い鈴がついている
梅庵の白い部屋で見た時は一目ぼれでした
でも私のアトリエは天井まで物で埋め尽くされています
さ、どこに飾ろうかな~

取りあえずステンドグラスの飾りが吊るしてあるカーテンフックにかけてみました
でもガラスにちらちら写って反射してしまい楽しさが半減

その後ドアの上の方に吊るしたけどだめ、、、
モビールがくるくると回る為には、直径20センチくらいのスペースが必要なのです

左右に張り着いてしまう場所ではモビールの楽しさが活かされません
d0174607_21552158.jpg

1時間くらいあちこちピンで仮留めしてみたけど、
どうやらこのアトリエに飾れる場所はそう無いと判明しました

結局ここしかなかった
d0174607_2159361.jpg


アトリエの一番奥、天井から吊るしました
少し薄暗いけど、天井と両側の壁が白いのでモビールの色が映える
椅子に座って縫物をしていると時々見えます(笑)

特に風もない室内なのに空気の対流でゆらゆらとして楽しい
[PR]
by atelier-rei | 2011-02-22 22:38 | 日々のこと | Comments(0)

やはり…

先日裁断ミスしてしまった長財布ですが完成しました
布合わせがとてもお気入りだったので嬉しい
d0174607_8183982.jpg


出かける用事があったのですぐに中を入れ替えてこの財布で一日過ごしてみました



ちょっと使い辛かった…………


当然ですが、縦が2センチ長いことが原因です

d0174607_820979.jpg
きちんと作ればカードが何枚も入るとカード入れの部分が厚くかたくなり
開閉がしやすい物なのですが
今回の財布は2センチカードが入っていない部分があり、
そこがフニャリとしていてファスナーがすぐに開きません
その他、コイン入れの部分も2センチ深い事で小銭が取り出しにくくなっていた

こういう入れる物が定型の小物はサイズが違うと使い辛いですね
d0174607_8223833.jpg

    悔しいので可愛い布が揃ったらまた作ります
[PR]
by atelier-rei | 2011-02-19 08:32 | 物作り | Comments(0)

初めてのビーズフリンジ

今日はストール作りの2回目
好きな着物地をはぎ合わせて、最後にビーズフリンジをつけていきます

ビーズ選びがこのストール作りで一番時間がかかります
でもこの選ぶ時間がなんと言っても楽しいと思うし、
ビーズを何種類組み合わせるか
何列フリンジを垂らすか
ここが最大の見せ場

みんな真剣!
ビーズの引き出し5個くらい並べて
あ~でもないこ~でもないと、決まるまでかなり時間がかかります

私はこの様子をニヤニヤしながら観察しています
だってそれぞれの個性が面白いから

いつも派手目に作る人がまさかの地味目なストールを作っていたので
先週私は『絶対にビーズでいつもの派手派手になるわよ!』と予告宣言していました
やはり!的中~~
選んだビーズはだれよりも大き目サイズだったし
ビーズの並ぶ順番にメリハリがあって全体がポップな雰囲気
d0174607_21173544.jpgd0174607_21175348.jpg
















そして、、、いつもじっくりと作業する人は…
やはり!今日も慎重だった~
ほとんど喋ってなかったと思う
熟考タイプなのね
粋な縞の着物地と男物紬が渋くて素敵
ビーズはシックですが地味派手でもある
d0174607_21205326.jpgd0174607_2121139.jpg
















いつも割と決断が早いこの人は…
今日はちょっと違っていました
最初に決めたビーズの順番を一旦無しにして
新たに淡いペールグリーンのパールに替えて大成功~
ブロンズの濃淡が一層引き立つ色合わせになりました

d0174607_21265264.jpgd0174607_21271047.jpg














それぞれの個性がたっぷりと出ている素敵なストールが完成しました
今日もう一人はお孫さんがもうすぐ生まれそうなので欠席
無事に生まれますように。

さて、次は何を作りましょうか
リクエスト待ってま~す
[PR]
by atelier-rei | 2011-02-16 21:46 | アトリエレッスン | Comments(0)

成功と失敗?

今年の物作りは、まず自分の物から始めています

アトリエがほぼ片付いて材料も見やすくなって
埋もれていた素材をあらためて並べ、何を作ろうかイメージング
最初に作ったのはシンプルなリネンの斜めがけバッグ
デザインも刺繍も別々の本から頂きました
たまには本からそのままってのも作りたい時もあります
d0174607_23848.jpg
内布にはリネンパンツをリメイク
前に買って数度はいたけど
ウエストのタックが気に入らない
去年解体してリメイクボックスに入れていました
d0174607_2312819.jpg
ポケットを4つそのまま活かしバッグの型紙通りに縫い直してあります
d0174607_23123082.jpg

イニシャルも入れてみましたこのバッグはリメイクもできたし使い心地もよく成功しました


その次に…

ファスナー式長財布を作っています
がしかし、、、、『縫い代込みの寸法』を勘違いしてさらに縫い代つけて布を裁断


2センチずつ大きくなった!


久々にやってしまいました!


横幅はなんとか修正できたけど
カードポケットはもう縫い終わっていたので縦の長さが2センチ長い財布になっている
パスポートも入ると思う

なので、オカダヤで36センチにカットしてもらったファスナーが合わない事になった
悔しいので一応しつけしたけれど、やはり変、、、、、

今日用事で町田へ出かけたのでもう一度ファスナーを38センチでカットしてもらった


d0174607_23233691.jpg使った布がめっちゃ可愛いのですよ~~~








表地もお宝布だし~d0174607_23241077.jpg


だからきっちり完成させたいのです!
[PR]
by atelier-rei | 2011-02-14 23:39 | 物作り | Comments(0)

梅印

寒波の連休中日、本鵠沼『あとりえ梅庵』へお出かけです
今日のウォーキングは都合により往路のみ、物足りません

あとりえ梅庵では『梅展』が開かれています
今年もたくさんのアーティストの作品が並べられていました
と、じっくりと作品を見る前に、、、
部屋に入るとすぐに前々からずっとやってみたくて仕方なかったワークショップに参加
d0174607_21531535.jpg

梅庵の庭にある梅の枝で判子作り
HLCスタイル主催です
昨夜彫りたい字(名前の漢字一文字)のデザインを考えて行きました
でも選んだ梅の枝を眺めていたら気が変わり、ひらがなにしました

彫刻刀は私も消しゴムはんこで使っている超すぐれ物でしたが
刃の入れ方、角度が違うので少し練習用の枝で試し彫り
せっかちな私は速く自分の枝を彫りたい、、、
3筋くらい試し掘りしたらすぐに自分の枝を彫り始めちゃいました
でもこれがなかなか手強い!
かたいのに粘り気のある梅の枝、スッと刃は入るのに削りとるのが難しい
彫れているのか彫れていないのかだんだんわからなくなってくる
ブラシで削りかすを払ってまた彫って
朱肉つけて押してまた彫って
だんだん無口になってくる

でも、彫るの楽しい~~

2時間はかかったかな~?
師匠に細部チェックしてもらい、、、完成です!!
d0174607_2294281.jpg


ひらがなと♪  わかりにくい?!かも
でも少しエッジを効かせたかな文字が気に入っています
d0174607_221220100.jpg

完成した判子は手ぬぐい布で包んでくれて
判子押す時に下に敷くゴム板もついていました

完成後ゆっくりと各部屋の作品を堪能しました
梅庵の風情ある雰囲気にどれもよく合っていて素敵です
写真は撮り忘れていますが。。。

子供の頃から「彫る」のが好き
小学製~中学生まで年賀状は毎年木版で作っていました
今日初めて枝に文字を彫ってみて、さらに好きになった~
[PR]
by atelier-rei | 2011-02-12 22:33 | 日々のこと | Comments(2)

映画の話

高田純次・高橋恵子主演映画『ホームカミング』
2009年に地元で映画の撮影があり、我が家の一部が撮影に使われました
我が家が高田純次さん高橋恵子さん演じる夫婦の家という設定
地元に住む映画監督の飯島さん(金妻とか撮った方)が2世帯住宅を探していたそうで、
玄関の並び方と駐車場からの見え方が決め手になったそうです
地元がたくさん映る映画なのでどんな映画になっているか楽しみでした

我が家の撮影は2日間
玄関の内側と外側、駐車場近辺、
11月末のとても寒い日で、電源を引っ張り込む為に
庭に面した掃き出し窓は一日開けっぱなし
トイレは『居室』の設定だったので、強烈なライトが入れられて
内側から外に向けて照明を当てていました
家の照明は暗過ぎてまったく映像には映らないそうですよ
その他寝室も大きなクローゼットの服もすべて外し
二つの窓から外に向けて強い照明を当てて
撮影の様子もかいま見れたし楽しかったけど、、、大変でした

高田純次さん、テレビで見るあのあまの人でした
お茶目でダンディーで素敵な方
高橋恵子さんお孫さんがいるとは思えない、美しかったです、癒し系
お二人が玄関内外で撮影していた時、私は隣のアトリエでずっとバッグを作っていました
他の部屋は窓全開で寒くていられなかったし、スタッフはしょっちゅう出入りしていたし
警官役の女優さんが玄関の外側のシーンでセリフ噛んで何度もテイクが続く時
お二人が薄着のまま玄関のたたきに立っていたので椅子と毛布を差し入れして
その流れでしばらくの間アトリエでお二人とお話しちゃいました
バッグやビーズ刺繍にも関心を持ってくれ、高田さんの話も面白くて高橋恵子さんと大笑い
家の建築費の事聴いてくるし、坪単価はいくらだとか、昔この辺りに住んでいた頃の話とか、
時折しょうもない例のギャグも鋏みつつ楽しい時間~
いつもああやって周りをなごませているんだなぁ(スタッフは毎日聴いて飽き気味でしたが)
道路での撮影はスタッフの計らいで撮影カメラのすぐ近くでゆっくりと見させていただきました
はす向かいのお宅は庭先が俳優陣の椅子が置いてあり
ケータリングもありました

その他地元上げての撮影なので商店、自治会、公園でのお祭りシーン撮影
地元住民のエキストラ多数参加、毎日どこかで撮影している感じでした
映画のお話があった時に制作会社の方が「写真撮影はNG」的な事言っていたので
それを真に受けた私はあんな近くで撮影していたのに1枚も撮ってもらいませんでした
でもスタッフの方を通して高田純次さん&高橋恵子さんのサインを頂きました

映画は3月12日から全国公開だそうです
(映画鑑賞券くれないかしら…)
ここで映画の予告が見られます⇒『ホームカミング』予告
[PR]
by atelier-rei | 2011-02-11 20:45 | 日々のこと | Comments(2)

あと少しで…

もう年明けからずっと続いていたアトリエの整理がだいぶ終わりました
その割にはあまり変わっていないような気もしますが…
片付けていると言うか、確認しているという感覚に近い
昨日大西淳子先生とお会いした時にも同じ話になりました
何年も開けていなかった箱とかスペースを見てみる
またしまう事になっても『見た』という事が大事

引き出しはすべて一旦出して整理し直し
必要ない書類や紙類も破棄
写真もかなり思い切りました、、、今後誰も見ませんから
在庫の小物も別の入れ物に入れて段ボール1箱減った~
作ったバッグも取りやすい位置に移動
手芸の本は見なくなったのは処分
今では本のスペースにはまさかの料理本が前面に!

今年は今までできなかった事、やらなかった事をやってみる年になりそう
元々新しい事を始めるのは好きなので。
ウォーキングもそうです
だんだん面白くなってきました
先日友達に「夏以外は歩く」と言ったら
「その頃にはすっかり慣れて真夏もがんがん歩いてるんじゃない」と言われましたが、
あながち、、、、
案外私は真面目なのかも
というか、何か足りない物を懸命に埋めようとしている事は事実
それが健康に繋がれば一石二鳥

さて、アトリエですが
私物の処分は進みましたが物作りの材料の絶対量は変わらないのです
棚の一番上はあと少しで天井に着く~!
ドンキみたい!
d0174607_23595291.jpg


アトリエで変わったところ
アトリエ以外でも変わった所がありますので
来た事がある人は今度見つけてみてください
[PR]
by atelier-rei | 2011-02-11 00:25 | 日々のこと | Comments(0)

ずっと謎でしたが…

帽子用のアトリエを3年前私の作業場に模様替えした際に
『断捨離』を迫られ、自分が使わない道具や材料は潔く色々な形で手放しました
帽子作家仲間の人には帽子木型やブレード、特殊な道具類
バザーや福祉団体には使いやすそうなコットンなどの布類
名残惜しかったけれど帽子をたくさんディスプレーする特大スタンド等は
スペースの問題からやむなく処分…
d0174607_15222989.jpg

私も使えそうなので残した一風変わったトルソー
今は私の手編みのマフラーなどかけています
ウールの様なフェルトの様な材質
つるつるのトルソーと違い帽子もマフラーも滑らずに落ち着きが良い
ずいぶん変わってる、どこで買ったのだろうか~







d0174607_15224695.jpg

長年我が家にあったけど特に母に聞いた事もなく
なじみ過ぎて何の疑問も持たずにかなりの年数が経ちました
ただ、このシルエットには見覚えがありました
何だろうか…同じ形を過去に見た記憶がある…
市販の物なのか、どこかの店舗で見かけたのだろうか
頭の中にずっと長い間その事が引っかかっていました




そして……3年前の模様替えの時に……





トルソーの隠された真実が判明!


少し片付いたアトリエでじっくりとこのトルソーを見ていたら
どうやら母の手作りらしいぞ~
しかも触った感触から布の内側は「とあるもの」と確信!

「とあるもの」とは、、、、


段ボール製トルソー
その段ボール製トルソーは弟の中学の夏休み自由研究で100%母が作った作品
段ボールを何十枚も糊で貼り合わせ⇒50センチ四方のキューブ状にして⇒
カッターナイフで頭の形に削りながら彫刻をしていき⇒表面にニスを塗って仕上げる
という代物でした
そんなの中学男子の夏休みの自由研究にまったくあり得ませんが
完成した物はその後母が帽子をかぶせてアトリエで使っていました
自分が使いたかったから作ったんじゃないでしょうかね~
d0174607_1523985.jpg

その後いつ母が今の様にウールを被せたかは記憶にないですが
良く良く観察してみると~
脳外科手術のように綺麗に細かくジグザグミシンでパーツを縫い合わせ⇒
段ボール製トルソーに被せ⇒
最後に後頭部の下部15センチほどの開き口を細かくかがり縫いして始末
という工程のようです
あらためて母の職人芸に感動!
d0174607_15232927.jpg


←後頭部の縫合部分
上の白糸がジグザグミシン
下のベージュの糸が最後に縫合した
手縫いの部分




母はイマジネーションのかたまりの様な人で、
私が足を骨折して入院していた時にギプスの材料に目をつけていました
包帯に石膏を付着させてあってお湯に浸けてすぐに足に巻くと固まってギプスになりますが
その様子を見て閃いた母はすぐに看護師さんに「この材料を注文したい」と言って、
私が退院する頃には石膏トルソーが出来上がっていました
ただ母は仕上がりには満足いかない様子
石膏は固まる時間との勝負なので「思い通りの美しいシルエットにならない」との事
その後も土台に糊を塗りながら新聞紙を貼って形作る
『ペーパーマッシュ』のような技法にも挑戦していました

母のDNAは私には流れているはずですが
私の場合どうにもこうにも感性が鈍すぎます
遅ればせながら少しずつでも追いつけるでしょうか
[PR]
by atelier-rei | 2011-02-07 17:31 | 物作り | Comments(0)

とことん使い倒す

現在アトリエのプチ模様替えと整理に没頭する日々

アトリエは6畳ほど、既存の作りつけ棚と子供達が長年使っていた学習机、
子供達が独立して置いていった収納道具、古いミシンの足、、、
色々と考えに考えて有効利用しています
3年近くのこのアトリエ生活で、色々と使い辛いコーナーなどもでてきて
ちょっと体と頭を使って整理しようかなと
バッグは増えるし材料は減らないし
時々もっと広い部屋ならアレをこう置いて~、とかチラッと思うけど
でもこのくらいがちょうど良いと思っています
家中の使わない家具をかき集めて収納しているアトリエなので
家具やケース類の色や材質はまったく統一感はゼロ
でもこの雑多な感じが私には向いているみたい
ぐちゃっと色々見えている中でイメージも膨らむ感じがする
そして収納ケースは100均を有効利用
d0174607_17115765.jpg
ビンテージのビーズやスパングルは
この1個ずつ蓋が開くケースが便利
100均にしちゃ珍しく?しっかり蓋がしまる
お高いビンテージです、1個たりとも落としてはなりません




中身は高いが器は安い!

d0174607_17244781.jpg
学習机から取り外した棚はもう20年以上
2階では納戸に入れて縦にしたり横にしたり重ねたり
今もアトリエで大活躍
手芸の材料や道具は躊躇せず買いますが
ことアトリエの中の機材はとことん使い倒します
棚の中のペーパーボックスはか美しい上にかなり頑丈
もう7年ほど使っていますがまったく壊れません
100均はすぐに同じ商品がなくなるので、
「これは使える!」と思ったら6個とか8個とか買い占めます



d0174607_17254225.jpg

アトリエレッスンで使う道具類はここ
スタっキングできるトレーにわかりやすく収納
このトレーは長男が中学の頃買って使っていました


d0174607_1726174.jpg

数センチほどの小さなはぎれやレースはこの瓶に入れています
母が梅酒と梅干しを作っていた古~い瓶


d0174607_1834682.jpgd0174607_184333.jpg

















母が段ボール箱に布やデパートの包装紙を貼って使っていた収納ボックス
布も包装紙も超レトロ~~♪
かなり昔から母は壊れては作り変えていました
いまだにどこも傷みもないので、私はその後14年このままの状態で使っています
これには解いていない着物や帯、接着芯など
かさ張る物を放りこんでいます



d0174607_18161132.jpg





作りつけ棚には古い布たち
大事に使っています

そしてステレオコンポは母が長男の中学入学お祝いに贈った物
デザイン重視の長男らしく、今見てもかなりスタイリッシュ
今だにCDとMDですがまったく不自由なし
マイケルジャクソンとEXILEが聴ければよい
[PR]
by atelier-rei | 2011-02-06 18:49 | 日々のこと | Comments(6)