中野ファルコンヒルズ・南青山ソシテに作品を委託販売中☆自宅アトリエでレッスン開催中☆


by atelier-rei
カレンダー

<   2015年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

フェイクファーの準備

3年前の冬から作っていたフェイクファーのモコモコ襟巻き
早くもシーズン3を迎えようとしています

試行錯誤の1年目、作るサイズもまちまちで差し込みベルトも自分が使いやすい幅と素材で作り始めて
起毛素材とパッチワークしたもの、細長く2巻きできるロングなもの、片側がファーでもう片側がストレッチ素材の布バージョンとか
合わせる素材同士で摩擦で滑りにくくて作り直したりも
そのうちに子供用も欲しい、女の子用、男の子用、男性用も作りましょう、となりました
シーズン2ではほぼサイズは決まって、ベルト部分のアレンジのアイデアも広がりました

ちょうど孫娘が生まれた後でしたので、ベビー用はうちの孫娘をイメージして作ったのが最初
男性用は息子にも使ってもらって「男性用のサイズ」も割り出しました
どんなにスリムな男性でも、女性用とは首周りのサイズはかなり違ってきます
d0174607_18350813.jpg
d0174607_18340720.jpg
d0174607_18334827.jpg

d0174607_19363795.jpg
d0174607_09172369.jpg


10月に入ったら何本か納品しよう!
裁断は埃が出て切り屑がアトリエに広がってしまうからまとめて何本かカットしてしまおう!
納戸にストックそのくらいあったかな?確認しておこう!

そんなことつらつらと考えていて、夏の終わりくらいから頭の中モコモコの事が離れくなり.....
ついに先日変な夢まで見てしまいました!!
モコモコの材料となるプードルファーやシープファーなどのフェイクファーの布
これは毎年シーズンの終わりに来年度用に少し買い足して納戸にストックしておくのですが

夢の内容は、
材料のファーが納戸のストック場にも無い
慌てて買いに走った東京中の手芸屋どこを探しても売っていない!!!!!!
店員に聞いたら「もうあれはメーカーで作らないそうです」っていう返答

っていう悪夢なんですよっ
うなされました。

翌朝起きてすぐ、着替えもしないままストック布を収納してある納戸のケースを調べたら、
ちゃぁーんと買い足したファーがありまして、ホッとしました
なんであんな夢見ちゃったんでしょ
d0174607_19353800.jpg


先日手芸屋に行った時にフェイクファーの入荷を確認してきました
今は色数はまだまだ少なかったです、新宿だともっといっぱい出ているんだろうな~
今年のファーは色味も毛並みも昨年度とは違うnewバージョン、毎年少しずつ変わるから楽しみです


[PR]
by atelier-rei | 2015-09-27 09:52 | 物作り | Comments(0)

敬老の日と家族

敬老の日の昨日は孫娘たちが昼からやってきて、久々に食卓を囲みました
普段静かな暮らしばかりの父もとても喜んでくれて、かなり脳が活性化されたのではないかな~?
私は孫娘にはちょこちょこと会いに行っているけれど、うちに皆で来るのは5月の連休ぶり?
イヤイヤモード全開の2歳の孫娘は、なかなか玄関から家の中に入ろうとしません

8月にイベントで孫娘に会った時から比べると、またお話がはっきりとできていてびっくりでした
「あたしも〇〇やる~」って「あたしにも貸してーー」とか
普通の会話になってきている
相変わらずの「減らず口」も「大きな声」もお見事!!
皆がお昼ご飯ちゅうなのに、孫娘は一人あちこち探検してチェックしまくり部屋をウロウロしてる
スイッチやボタンが大好きなので、いろんなリモコンのボタンを押しまくる押しまくる~
アンパンマンの番組を何本か録画したのでBlu-rayで見せていたら、いきなり地上波の『徹子の部屋』になっちゃったり(笑)
エアコンも突然スイッチ入って、また消えて、ま~想定内ですがいろいろやってくれますな

因みに。
うちの息子たちが幼児の頃実家に遊びに行くと、それこそやりたい放題でしたが
オチビって誰も大人が見ていないタイミングで数秒で悪さをして、そのまま帰ってくるのですよね
私達が自宅に戻った頃に母から「あのね、テレビとレコーダーのリモコンが見当たらないのよ、どこに隠したか聞いて頂戴!!!」って電話がかかってきました(笑)
あと、こっそりと家じゅうのタイマーを適当にグルッと回したり、
私達が実家を後にした後タイマーが鳴るそうで
「飛び上がるほどびっくりするからやめて頂戴!!」とも言われてました
d0174607_08550370.jpg
ご飯後はアトリエでお嫁ちゃんと羊毛フェルトのレクチャーです
お題は『フェルトボールの鍋敷き作り』
孫娘はリビングのアンパンマンも見なくちゃだけど、アトリエにいるママも気になってリビングから何度も何度も走ってくる
アトリエに来てママのチクチクした丸いフェルトボールをいじくって、あっという間にペタンコにしちゃったり
リボンの収納してある引き出し開けたり、私のアクセサリーをいじくったり
↓見本に出していた私のフェルトボールのピンブローチは、無残にもパーツをバラバラにされちゃった~(≧▽≦)(笑)
本人「できた~」とか言って私に見せに来ましたけど?
いや、「できた~」じゃなくて「取った~」なのでは?
d0174607_09060446.jpg
アトリエでいたずらしていると、リビングのテレビからアンパンマンの声がして
「あ?アンパンマンだ~」ってまたすごい勢いで走っていく

パタパタと廊下を駆け回っているかと思ったのに、音がしなくなり静かになって.......
これは嫌な予感がするよね(笑)
オチビが静かな時は大抵いたずらしている時に決まってる
写真撮り損ねましたが、この人形を並び替えて隣にチンマリ孫娘が並んで座ってモニョモニョ人形とお喋りしていました~
可愛いったらない
ギューって人形抱っこして「かぁいぃーー」⇐可愛いの意味です。
女の子は本能的に人形が好きなのかな?
う~ん、隠し撮りしたかったな、なにしろ逃げ足早くて色々追い付かない
d0174607_09123769.jpg
お嫁ちゃんとっても器用なのです、かなり集中してニードルでチクチクしていました
フェルト1時間もやって何個も可愛いボールができてました(お嫁ちゃん、1回だけニードルで指刺してしまいました)
とって鋭利なニードルなので気を付けてね~
d0174607_11445294.jpg
途中、アトリエでハンドメイド用の木槌見つけた孫娘はリビングへ持って行ってゴンゴン何かを叩いている音がしてる~
キャー怖いっ!!(笑)
何を叩いたんだろうか
しばらくして息子が木槌をアトリエに戻しに来ました、まさか叩かれたんじゃないよね?(≧▽≦)
d0174607_09241633.jpg


フェルトボール
残りは自宅で宿題でチクチクしてもらいます~
羊毛フェルトも各色持って帰ってもらいましたので、どんなカラーリングで仕上がってくるのか楽しみです
必要数できたら、今度は平たく並べて糸で縫い留めて仕上げます

アトリエの作業が終わって大人がリビングでティータイムしていると、孫娘は誰もいないアトリエに行っちゃった
今度は何をしているんだろう
朝のうちに危険な物は高い所へ避けておいたけど、アトリエは段差もあるしミシンも道具もあるから何かと危険がいっぱいです
手が届かないと適当な物の上に乗っかってかなり上の物に手を伸ばすから、子供の知恵ってすごい
私がそうっと見に行くと、孫娘は手芸用鋏を手に取って、悪魔のようにニヤリと不敵な笑みを浮かべながらアトリエの隅っこに隠れていました
なんで、オチビって部屋の薄暗い隅っこに行っていたずらするんでしょうね
でも、私の顔見ると「はいっ!!」ってすぐに鋏を渡してくれました、「いけないこと」っていう認識はあるみたい
どこも怪我してないで良かったけど、とっても切れ味のいい鋏なのよ~
d0174607_09191749.jpg
夕方おうちに帰る時、玄関の自分の靴を一生懸命に履こうとして足上げたりつま先突っ込んで頑張っているけど、
う~ん、なかなか難しいね
髪の毛結わえているのは、私が作った羊毛フェルトの真っ赤な💛のヘアゴムです
d0174607_09322957.jpg
お見送りの時には父も頑張って玄関外の階段も自分で降りて、みんなに話しかけていました
またみんなでワイワイとご飯食べましょう
楽しい一日をありがとう

夜には大学4年の姪っ子から父宛てに嬉しいFAXも届きました
就活も終えて、あとは無事に卒業することを祈ってますよ

最後に、敬老の日にということでお嫁ちゃん達から頂いたお花が素敵です
d0174607_11420762.jpg


[PR]
by atelier-rei | 2015-09-22 13:06 | 日々のこと | Comments(0)
横浜の友達の家に行って来ました
「お義母さんの古い着物を追加で持って帰ったので、みんなで見に来て」とのことです

親の家の片づけはなかなか終わりが見えませんね、
家族がその後使えそうなものは別として、思い入れがあり処分するには忍びないもの、誰かがリメイクで使えるかも?など色々な思いが絡んできて一気にはすすまない
丸ごと業者にお任せする以外は残された家族がやってゆくしかありません
家がそのまま残っていれば取りあえずは置き場所にも困らないから、あわてて片付かないまま時が経ってしまう
家が遠いと片づけや処分に通うのもなおさら大変な事




頂いてきた着物古布のほんの一部です
みんなでその場で解きながら分けっこしたものもあります
d0174607_08583931.jpg
一緒にグループ展やイベントも出た仲間なのですが、それぞれハンドメイドの得意分野が少しづつ違うので
これらの端布がこれからどんなものに変化を遂げるのか、かなり楽しみでもあります
女の子のドレスになりそうな、シルクタフタみたいな光沢のある素敵な着物用雨コートもありました~(写真撮り忘れ)
私にはその布は手に負えない感じでしたので、洋裁得意な友達に託してきました
待ってるわよ、ドレス~♡☆
楽しみ~

中にはこんなリメイクのバッグを作って来た人も↓
カッコいい~
Tシャツそそのままバッグにリメイクしてある
袖部分は中にギューって入れ込んでポケットになってます
持ち手はジーパンからのリメイク
リメイクの達人には、次のイベントに向けて制作依頼をしてまいりました
リメイク用の素材は専用の部屋?(笑)に山ほどあるものね♪

d0174607_11573918.jpg

ベビー用やキッズ用が得意な人
お孫ちゃんに作った可愛い帽子とポシェットが可愛くて真似っこしたい

d0174607_08484970.jpg

私はこの日、自分用に新しく作ったバッグでお出かけしてきました
この夏自分用バッグがなかなか作れなくて、とうとう秋になってしまいましたが
ちょっと空いた時間があったので念願の「ネコ」のバケツトートバッグ作ったんです↓イベントでは完売したバッグと同じデザインです
d0174607_11541794.jpg

裏地もネコ~~しくこいくらいのネコづくし
d0174607_11500069.jpg




着物の他にも、みんなでワチャワチャ分けっこした物もあります~
箱に入って未使用だった炭
『馬目樫備長炭』(ウマメガシ・ビンチョウタン)と書かれてありました

d0174607_08584742.jpg
細いスティック状なので、フィルム剥がせばこのままあちこちで消臭剤として使えるしかなり便利そうです
d0174607_11194679.jpg

昭和レトロなパッケージの固形石鹸いろいろ、これも未使用の箱が何箱もありました
我が家はお風呂は石鹸派なのでさっそく使いますね

d0174607_08585568.jpg
最後になりましたけれど、
ランチには手作りのカレーをご馳走になってしまいました
しかも2種類も!!
美味しかったわ~ありがとう♡
d0174607_08485572.jpg
レモン水も美味しかった、カレーにぴったり

d0174607_08490254.jpg

[PR]
by atelier-rei | 2015-09-17 12:00 | 日々のこと | Comments(0)

ショッピングバッグ色々

アトリエレッスンで、仕上がったショッピングバッグを見せていただきました
選ぶ布の材質や色柄が違って個性的なバッグが出来ていて、楽しいですね☆

バティックの様なエスニックな布、元々は洋服に使う予定だった布だそうです
d0174607_08115475.jpg
これはとても薄地なので、クルクル巻いて紐とボタンで留められるようになっています
薄手で柔らかい布だと小さくたためて、まさしく「エコバッグ」になります
d0174607_08115937.jpg

グリーン、厚手コットンのギンガムチェック
印象的な大きなボタンは、元はアクサセリーでそれをバラシて使っています
使わなくなったアクセサリーでも、後々まったく別の使い道を発見した時は嬉しくなりますよね
「あっ!!このパーツはあのバッグに使える♫」
このグリーンの丸いパーツも、バッグを仕上げた後から「この色でサイズは何センチと何センチ」と手芸屋さんに探しに行ったってビビっとくる素材を見つけることは難しいと思う
d0174607_08120590.jpg



綿麻の手書き風なドット柄
これには後ほどゴールドのモチーフを縫い留めるそうです

d0174607_08121414.jpg
ゴールドの金属っぽいテープ状の物をチュールにグルグルと巻き留めてある
とても面白い素材ですね、
繊維問屋街、行きたいわ~こういうのたくさん買いたい
d0174607_08122567.jpg
内側には小さなポケット付きになっています
d0174607_08123088.jpg

ショッピングバッグの持ち手部分には何本もミシンステッチが入っていて補強されていますが
縫う線を1本1本チャコペンで書いていたと聞いて、それにはびっくりしましたけど
でも今はミシンのガイドに沿って縫っているそうです、良かった~(*'▽')
↓ミシンの縫いガイド
d0174607_10262381.jpg
私は今使っている職業用ミシンのガイドと、ミシンテーブルにプリントされたメジャー部分を頼りに、ほとんど縫い代の印付け無しでどんどん縫ってしまいます

d0174607_10375810.jpg


私が前にこの縫いガイドの話をしたことが記憶にあって「そうだ使ってみよう」って思い出したとか
聞いた時にはすぐに活かせない情報でも、後で役立つこともありますよね
自分一人の経験や知識なんてほんとうに範囲が狭いな~と日々感じていて、人との色々な話から私も物作りのヒントも貰う事も多い
自分の知っている知識なんて本当に僅かだし偏っているし、人と交流するとお互いの情報を知らず知らず交換していることに気づきます
私も特に好きな事が狭くて極端なので、視野が狭いのかな?と時々思ってしまう

前のレッスンの時に「縫い代や持ち手の厚みでミシンの針が進まない時は厚みのある部分を叩く」という話をしたことがあって
それをある時に思い出してトンカチで叩いて縫ったんだそうです

私も「叩く」ことは母が教えてくれました
小学生の頃、母のミシンの横にいつもトンカチと棒が置いてあって、私が「何に使うの?」と聞いたことがあり
「布が厚くて縫えないときに叩くのよ」と教えてくれましたけれど
小学生の私の生活には必要の無い情報でしたので頭の引き出しの隅っこに一旦入って長らく忘れ去られていまして
実際それが役立ったのは私が縫い物をするようになった20年後くらいでしょうか

今も私が縫い物の時に使っている、母の『叩き棒』
これは市販の物?母のお手製?不明ですが、
おそらく母が何かの棒の先端をカッターで削りだして平たく使いやすく改造したんだと思います
d0174607_10262954.jpg



[PR]
by atelier-rei | 2015-09-13 11:29 | アトリエレッスン | Comments(0)

ストール

ストールや大判ショールなどの巻き物が好きです
季節の変わり目の服装調節にも何かと便利ですし、クローゼットの一角にずらっと掛かってる
自分のコレクションと母の形見、自分で縫ったストールと合わせてかなりの本数持っています

いちばん古くは、まだ大学生の頃に自由が丘で買ったストールかな?
買った当時まだ二十歳前だったけど、10代の女子にしてはかなり渋めを選んだものです(笑)
今でもこういう柄と色味は大好きで、結局好みはさほど変わりませんね~
まだまだ現役で使っています
d0174607_08521901.jpg
あんな昔から、しわ加工のストールがあったんですね、あらためてビックリ
d0174607_08522953.jpg

私物ストールの紹介は終わりまして、最近作ったストールの紹介です
すでに中野ファルコンヒルズへ納品済みです

使った素材は数年前に閉店になるある手芸屋さんでちょっとお値段高かったけど買っておいた素材
綿麻のダブルガーゼ?なのかな?ダブルフェイスで使えます

長さは約200センチ
全ての縁は手縫いで仕上げてあります

d0174607_13204301.jpg
リズミカルな花柄の織り模様、黒ベースと裏側は生成り色ベース
ぐるっと巻いても、二巻きしても、途中でネジネジして裏の違う色を出しても楽しめます
d0174607_13205417.jpg
両端にちょこっとビース刺繍しました
d0174607_13210325.jpg
d0174607_13211053.jpg
色柄違いでもう1枚
色はボルドーのグラデーションになっていて、こちらは落ち着いた和柄の様な花柄です
とても大人の雰囲気です
この色柄と大学生の頃に買ったストール↑を見比べると、私の好きなテイストが変わっていないことに気づく(≧▽≦)
d0174607_08584202.jpg
d0174607_09013083.jpg

こちらは、一巻きするとちょうど良いストール
綿のジャージー素材です
d0174607_17243961.jpg
d0174607_17261524.jpg
しっとり、ふわっふわで肌触りが良いですよ
d0174607_17263730.jpg
ネイビー・茶・黒と3色あります
d0174607_17265217.jpg



[PR]
by atelier-rei | 2015-09-07 17:57 | 物作り | Comments(0)